HOME > 製品情報 >減価償却システム

減価償却システム

減価償却システム

減価償却システム

民間企業・社会福祉法人・公益法人等向け

◆ 平成19年度法改正に対応
◆ 償却資産の減価償却計算業務に対応
◆ ネットワーク環境での運用が可能
◆ エクセルファイルによるデータ変換機能を標準装備
◆ Windows7対応 (32bit)

平成19年度法改正に対応済の当システムは、民間企業様はもとより、社会福祉法人・公益法人様等においてご利用頂いております。

製品概要

当期の上半期、下半期の情報提供

当期の「減価償却計算」結果を、上半期と下半期の別に詳細出力する機能が用意されています。
この場合の金額計算は、「年間額」が優先の額となり、この1/2の額をそれぞれ表示しますが、端数の金額が生じた場合は、下期の額に加算して調整します。

次期の予定償却計算
当期末の「簿価」を基準として、次期の「予測償却計算」を行うことが可能です。
この予測償却額として「今後の新規取得および除却予定」を、仮データとして加味することが出来ます。

「今後の新規取得予定」の資産は、
a.個別の具体的な資産を想定して登録する方法と-----
b.科目別のような単位で、大体の金額を想定して登録する方法-----
-----という、二つの方法が用意されています。

一括償却と個別物件の管理
平成10年から開始されました「一括償却計算」の処理に対応しています。
この処理を「物品管理」の立場で考えますと、矛盾を生じます。
国税の立場から見ますと、個別管理は必要ありません。
しかし、現物の管理から見ますと、減税の一括償却資産が、どのような場所に存在するか---という「現物管理」が要求されます。
このため一括償却資産でも、現物の管理が可能なように記録変更を可能にしています。

同一資産の分割管理
別途の機能となりますが、例えば-----、

  a.「同一の建物」を「製造部門」と「販売部門」で共通
  b.「同一資産」を、別のセクションでも使用
  c.「同一資産」を、別法人と共同使用

このような場合、「基本となる試算の償却計算」とは別に、二分割して、それぞれの長期間の償却計算を行う機能があります。

「親・子」の関係で、親が「基本となる資産」で正規の償却を行い、「子の1」「子の2」に分割して、それぞれの償却計算を行います。
(この「子の1」「子の2」の分割割合は、事前登録によります。)

製品機能

■対象資産
1.有形固定資産
2.無形固定資産
3.繰延資産(一括償却資産を含む)
4.生物
5.非償却資産(土地・絵画等)

■償却方法
定額法、旧定額法、定率法、旧定率法、繰延資産、一括償却計算(※1)、非償却、少額資産
※1 一括償却方法=1件、10万円以上20万円未満の資産は、1年分まとめて、
3年間で償却します。この場合の「個別物件の管理」は、償却とは別途の管理を
行います。

■耐用年数及び償却率
耐用年数----法定耐用年数を手入力します。
償却率------事業月数と耐用年数により自動表示

■対象となる処理期間
1.償却計算の管理期間
会計年度(当年)と翌会計年度の2年間を記録管理します。

2.償却資産税計算の管理期間
会計年度(当年)中の資産の資産税申告日と翌会計年度中の資産税申告日の2年間を記録管理します。

3.翌期の「推定減価償却額」の計算
当会計年度の翌期の「推定減価償却額」の計算をします。

出力帳表

 
処分資産一覧表 配置管理部一覧表
耐用年数変更一覧表 申告集計区分無一覧表
配置先変更一覧表 固定資産・備品明細書
所管変更一覧表 種類別明細書(減少資産)
所管区分一覧表 共有区分一覧表
所在地区分一覧表 償却方法区分一覧表
償却計算区分一覧表 場所区分一覧表
グループ名称一覧表 償却資産申告書
種類別明細書(全・増) 別表十六(二)
定率法・旧定率法
固定資産管理台帳(配置先) 別表十六(五)繰延資産
固定資産増減明細書 別表十六(七)少額資産
固定資産増減明細書(配置先) 別表十六(八)一括償却
全体情報登録一覧表 固定資産管理台帳
固定資産台帳 用途区分一覧表
固定資産台帳Ⅱ 課税コード一覧表
減価償却明細一覧表 申告先一覧表
別表十六(一)
定額法・旧定額法
備品明細書
資産区分一覧表

処理条件

■資産の条件
資産件数 1,000~30,000件
金   額 13桁(10兆円未満まで入力可能)

■科目の条件
資産名称 日本語14文字
所管区分 100分類
資産区分 10分類
用途区分 100分類
所在地 10分類
配置管理 1000分類
配置場所 100分類

対応環境

 
メ モ リ 256MB以上
容   量 2.00GB(最小値)以上
ディスプレイ解像度 1024×768 必須
必須ソフト マイクロソフト社 Excel97 以上
CD-ROMドライブ 必須(システムセットアップ時使用)
外部記憶装置 必須(データバックアップ時使用)
プリンタ ページプリンタ(A3が印刷できるもの)