HOME > 製品情報 >諸謝金管理システム

諸謝金管理システム

諸謝金管理システム

諸謝金管理システム

民間企業・社会福祉法人・公益法人等向け

◆ 所得税法204条に即した支払法定調書が作成可能
◆ 3,000件の支払先が登録可能
◆ 支払先に送付するためのタックシールの印刷可能
◆ 支払者への銀行振込データ作成可能
◆ Windows7対応 (32bit)

「原稿料」「公演料」「弁護士等の報酬」を受ける者、いわゆる所得税法第204条に沿った支払処理・調書の作成が必要なすべての法人様にてご利用頂いております。

製品概要

諸謝金管理システムの目的
支払法定調書の作成はもとより、最大5,000件の支払先(個人・法人・外国人別)を最大99区分の科目区分、最大99区分の細目、最大99区分の会計区分にて管理を行うことが可能。また、本システムで記録されている「支払先マスター」「報酬データ」の内容をExcelファイルとして変換出力にも対応。

製品機能

■消費税の処理
消費税を伴うデータを入力する際に計算結果の円未満の扱いを指定することができます。(消費税率も変更可能)

■源泉徴収税額の処理
各名称区分ごとに報酬料金に対する源泉徴収税額の計算式を登録し、指定することができます。(3種類)

■報酬データ(1伝票.1支払先)
日付、支払先コード、区分コード、細目コード、消費税、支払金額、支払日を入力し、このデータを元に集計処理等を行います。
Excel形式にて出力可能。
消費税登録の際、内税・外税・非課税の指定ができます。

■データの出力
支払先や報酬データをExcel形式にて出力します。

出力帳表

 
報酬データチェックリスト 全銀協手順FD作成
支払集計表 振込チェックリスト
支払調書(合計・報酬) 振込依頼書
タックラベル

処理条件

 
支払先登録件数 最大5,000件
領収書データ登録件数 最大1,000,000件
科目区分数 最大99区分(謝金、報酬等の科目区分を集計)
細目数 最大99区分
会計区分数 最大99区分
支払額 12桁 1,000億円未満まで入力可能。(1回あたり)
支払区分数 1桁(個人、法人、外国人の支払先を集計)
法人名 40文字(日本語で20文字)
支払先コード 5桁(数字のみ)
支払先名称 40文字(日本語20文字)
支払先フリガナ 20文字(半角カナ)
摘要欄 40文字(日本語20文字)×2行
「支払調書」の摘要欄に表示する内容

対応環境

 
メ モ リ 256MB以上
容   量 2.00GB(最小値)以上
ディスプレイ解像度 1024×768 必須
必須ソフト マイクロソフト社 Excel97 以上
CD-ROMドライブ 必須(システムセットアップ時使用)
外部記憶装置 必須(データバックアップ時使用)
プリンタ ページプリンタ(A3が印刷できるもの)

サプライ

連続 … ドットプリンター対応
単票 … ページプリンター対応

商品名 用紙 単位 販売セット数 販売価格(円)
支払法定調書 単票 1箱 100枚 4,200